児童手当の支給日や金額・所得制限を紹介!いつまで貰える?

我が子はとっても可愛いですが、小さい時はオムツ代にミルク代、大きくなれば習い事代に教育資金など…中々お金がかかりますよね。

そんな時に助かるのが児童手当です!

幼稚園児、小学生の子どもがいる我が家もかなり助かっています。

しかし、この児童手当は一体いつまで、いくら位貰えるのでしょうか?

他の家庭の児童手当の使い道も気になりますよね。

今回は、そんな児童手当についての気になる情報を詳しく紹介していきます。

児童手当の支給日・金額・所得制限など。

また児童手当はどの様に使うべきなのかについても、私の経験や周りのママ達の口コミを元にまとめてみましたので、併せて見ていきましょう。

児童手当はいつまで貰えるのか?

得子
「児童手当」とは、生活の安定と児童の健全育成を目的とし、子育てをしている保護者に行政から支給されるものです。

自治体によっては「子ども手当」と呼ばれる事もあります。

児童手当の受給についてまとめてみました。

  • 受給者は子供を養育している保護者
  • 父母が別居している場合は子どもと同居している保護者に支給
  • 転勤などで一家そろって海外住まいの場合は受給されない
  • 留学の為に子どもが海外に住んでいる場合は一定の要件を満たせば受給できる
  • 住んでいる市区町村で手続きをする
  • 公務員は勤め先に申請する

また、児童手当を受け取れる期間は0歳から義務教育が終了する中学校修了(15歳になった最初の年度末)までとなっています。

父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とする。

引用:内閣府~児童手当法の一部を改正する法律の概要

児童手当は毎月貰える?支給日はいつ?

児童手当は年金の様に毎月支給されるものだ、と勘違いしている方も多いのですが、実は4ヶ月毎に年3回にわけてまとめて支給されます。

児童手当の支給月は、どの自治体でも統一されていて下記の通りです。

・ 2月(10、11、12、1月分を支給)
・ 6月(2、3、4、5月分を支給)
・ 10月(6、7、8、9月分を支給)

振り込み日に関しては自治体によって異なる様なので、役所の窓口やホームページで確認しましょう。

5日、10日、15日等切りの良い日にちに支給されることが多いようです。

年齢や兄弟の数によっても違う!児童手当の支給金額

得子
児童手当の支給金額は、子どもの年齢や兄弟の数によっても変わります。

子どもが小さいうちは支給金額が高いので、私もオムツ代やミルク代でとても助かった記憶があります。

また、第3子以降になると第3子の児童手当のみが高く支給される様です。

児童手当の支給金額(月額)

・0~3歳未満→一律15,000円
・3歳~小学校卒業までの第1子・2子→10,000円
・3歳~小学校卒業までの第3子以降→15,000円
・中学生→一律10,000円

児童手当には所得制限があります

児童手当はどの世帯も同じ金額を貰える訳ではなく、所得制限が設けられています。

年収960万円までは上記で紹介した支給金額を全額受けられます。

年収960万以上であれば、児童手当の支給金額は0~15歳まで一律5,000円です。

日本の平均収入は400万円と言われていますので、割と余裕を持った制限ではないでしょうか。

また、所得制限は子どもの数や夫婦のどちらかが扶養に入り配偶者控除を受けているかによっても変わってきます。

扶養人数による児童手当の所得制限額は以下の通りです。

児童手当の所得制限額

▼扶養家族の人数 ▼年収(手取り) ▼おおよその年収(総支給)
0人 622万円 833万円
1人 660万円 875万円
2人 698万円 917万円
3人 736万円 960万円
4人 774万円 1,002万円
5人 812万円 1,042万円

引用:内閣府~児童手当所得制限限度額表

夫婦共働きの場合は、所得の高い人の年収で計算されます。

(例)共働き家庭で夫年収620万円+妻年収350万円(夫の扶養外)の場合

世帯収入は970万円と高いが、収入の高い方(夫)の年収が620万円であり、妻は扶養に入らない為、622万円の収入限度額内となり、児童手当の減額はありません。

妻が働いておらず扶養に入った場合は、660万円までが収入限度額となります。

この様に「うちは共働きで収入が高いから貰えないだろう」と自己判断してしまい手続きを怠ると、さかのぼって請求することは出来なくなってしまうので、とても勿体ないです。

年収が高くても祖父母を扶養しているなど扶養人数が多い場合や、共働きの計算がわからない場合などは、窓口に相談しましょう。

児童手当こんな風に使っています

1・学資保険に充てる

児童手当の使い道でダントツに多いのは子どもの学資保険に充てる事です。

学資保険は民間の保険会社が販売している保険商品で、返還率が違っていたり、ケガや病気の保証がつく等ものによって特性があります。

中学進学時、高校進学時、大学進学時などお金がかかる時に保険金を受け取れ、簡単には下ろせないようになっているので貯金する自信がないという方には最適な方法です。

私が過去にママ友から教えてもらって「なるほど」と感心したのは、児童手当を賢く学資保険に充てる方法です。

児童手当を1年間貯めておけば6万円~18万円貯まります。

それを次の年の保険料として年払いで一括で払ってしまえば、月額で支払うよりもいくらかお得になるというものです。

せっかく年に3回まとめて入る児童手当なのでこの様に上手に使いたいですね。

2・教育資金や子どもの為に貯金

学資保険とは違って、いつでも好きな時に引き出すことのできる「子ども専用貯金」を作る家庭も多いです。

一般に学資保険は、お金がかかる高校や大学の学費に合わせて下ろせる様になっています。

しかし、勉強の好きなお子さんが中学受験の為に小学校から塾に通う、中学校で留学することになった、なんて可能性もありますよね。

いつ何時子どもにお金がかかるかは家庭によって違う為、家計費とは別に子ども用貯金をするのも児童手当の上手な使い方の一つです。

児童手当の入る口座を引き落としや家計に使わず、そのままにしておくと15歳までにいくら貯まるかご存知でしょうか?

得子
私も計算してみて驚いたのですが、何と「約210万円」にもなるんです!(所得制限のない場合)

手つかずにしておけばイザという時に役に立つ事間違いなしですね。

3・子供の習い事や保育料に使う

日々の生活費はやりくりできても子どもの習い事代までは中々手が回らない…という方も多いのではないでしょうか。

特に幼稚園や保育園に行き始めると、お友達と一緒の習い事をしたい!と子ども本人の希望も出てきます。

お金に余裕がなくても、子どものやりたいことはやらせてあげたい…と思うのが親心ですよね。

また、保育料や幼稚園代の足しにしているというお母さんも私の周りに多くいました。

習い事や集団生活は子どもの為になりますから、児童手当の有意義な使い方と言えるのではないでしょうか。

>>子供の安い習い事8選・人気ランキング~小学生編

4・子供の消耗品代に使う

子どもが赤ちゃんの時から中学校卒業までには日常で使う消耗品代も馬鹿になりません。

実際に私も、子どもが小さい頃は家計に余裕がなかったので、オムツやミルクやおやつ代などに使っていました。

5,000円~15,000円という金額から考えても、毎月の消耗品代として使うにはちょうど良い金額ではないでしょうか。

5・レジャーに使う

「児童手当をレジャーに使う」と聞くとちょっと悪いことかな?と思われる方もいるかもしれませんが、旅行や家族での外出費に使う方は案外多いです。

勿論、ギャンブルに使ったり夫婦二人だけの娯楽に使うのは子どものためにならないので、良くありません。

しかし、夏休みに家族でキャンプに行く、温泉旅館に泊まる等は子どもの思い出にも残りますので有意義な使い方ではないでしょうか。

【まとめ】児童手当の使い方は家庭によりけり。余裕があれば貯金しよう

得子
児童手当の役に立つ情報から児童手当の使い道についてまとめてきました。

児童手当は子どもが生まれたら勝手に振り込まれるものではなく、自分で申請をしなくてはいけません。

さかのぼって支給されない為、申請をし忘れていたり「うちは児童手当は貰えないだろう…」と思い込んで申請しない、という事のない様に充分注意しましょう。

児童手当の使い方で多いのは、学資保険・貯金・習い事や保育費・消耗品代・レジャー費となっています。

しかし、児童手当の使い方に正解はありません。

正直、児童手当の全てを貯金にまわせるというのはある程度家計に余裕のある家庭だと思っています。

子どもの食費に充てたり、足りない家計費にまわす事も実質的に子どもの為と言えるでしょう。

余裕がある時は、子どもの将来の為に貯金しておくと良いですね。

この機会に是非、児童手当と児童手当の使い方について見直してみてはいかがでしょうか。





コメントはお気軽にどうぞ!