家計簿アプリおすすめランキング2019!簡単に使えるものから抜粋!

スマホで使える家計簿アプリにはたくさんの種類がありますが、簡単で続けられるアプリはどれなのか迷ってしまいます。

様々な家計簿アプリの中から、基本無料で簡単に使えるアプリを厳選しました。

その結果をおすすめのランキング形式で解説しています。

家計簿はスマホでつける時代です。

得子
家計の見直しができる家計簿アプリの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

簡単に使える!無料の家計簿アプリランキング

最近の家計簿アプリは進化しており、無料で簡単に使えるうえに、便利な機能を兼ね備えています。

簡単に使える無料の家計簿アプリから5つを厳選。

ランキング形式でそれぞれの特徴を解説していきます。

1位:家計簿Zaim

第1位は、家計簿Zaimです。

Zaimは、800万人がダウンロードしている大人気のアプリで、テレビや雑誌でも多数紹介されています。

得子
その魅力は、充実した機能と使いやすさで、家計簿に挫折した人の84%が「続けられる」と回答。

迷ったらコレと言っても良いほど、どんな人にもおすすめできる総合的にバランスの良いアプリです。

家計簿の入力が簡単というのはもちろんですが、レシートを撮影して自動入力してくれる機能もあるので、手入力する手間が省けて大変便利です。

また、約1500の金融機関に対応しており、登録すれば銀行口座の入出金やクレジットカードの使用明細なども一括管理することができます。

セキュリティ対策も万全なので、安心です。

その他、見やすいグラフでの家計の支出分析や、予算内の残高表示機能など家計の見直しや節約に役立つ機能が盛りだくさん。

さらに、複数台のスマートフォンやPCで共有することができるので、家族で一緒に管理したいという方にもおすすめです。

スーパーの特売日や給付金など家計に役立つ情報をお知らせしてくれるのも、嬉しいポイントのひとつです。

>>家計簿Zaimの詳細はこちら
※App StoreもしくはGoogle Playからダウンロードできます。

2位:家計簿おカネレコ

第2位は、2秒家計簿おカネレコ。

得子
2秒家計簿と謳われているだけあって、シンプルさと簡単さが魅力のアプリです。

カテゴリーを選んで使った金額を入力するという簡単な操作だけで、自動で家計をグラフ化してくれます。

会員登録も不要で、ダウンロードすればすぐ使えるというのも魅力のひとつ。

メールアドレスやクレジットカードなど、個人情報を登録するのに抵抗があるという方にもおすすめです。

また、毎日アプリを使うことでポイントが貯まり、Amazonギフト券が当たるルーレットにチャレンジできたり、おカネレコの有料機能と交換できたりと、楽しく家計簿を付けられるようサポートしてくれます。

有料機能として、レシートの読み取りやエクセルでのデータ出力などを追加することもできます。

>>家計簿おカネレコの詳細はこちら
※App StoreもしくはGoogle Playからダウンロードできます。

3位:家計簿レシーピ

第3位は、家計簿レシーピ。

レシーピは、可愛いキャラクターとデザインが魅力的な主婦目線の家計簿アプリです。

得子
レシートをスマホで撮影するだけで記録が完了し、お財布にレシートが溜まりません。

もちろん、カレンダーやグラフで収支分析をすることも可能です。

また、私が最も魅力を感じたのは、撮影したレシートから食材を読み取り、NHK『みんなのきょうの料理』からレシピを提案してくれること。

家計簿を付けながらお料理のレシピを学べるなんてうれしいですね。

その他、毎週の特売日やイベントなどをカレンダーに登録したり、買うものメモができたり、対象商品のレシート撮影でポイントがもらえたりなど、主婦の生活を応援してくれるうれしい機能が満載です。

>>家計簿レシーピの詳細はこちら
※App StoreもしくはGoogle Playからダウンロードできます。

4位:家計簿マネーフォワードME

第4位は、マネーフォワード ME。

このアプリは、レシートの読み取り、金融機関の連携、共有機能がすべて無料で使えます。

得子
利用者が月平均2万円程の収支改善を実感したというデータもあるほど、家計全体の流れを可視化できるのが特徴です。

連携している金融機関の数は、なんと2600以上で、銀行やクレジットカードだけでなく、電子マネーやポイントカードなども連携可能。

このアプリひとつで複数の口座やカードの入出金をまとめて確認できる上に、自動で項目ごと分類しグラフ化してくれるので、お金の流れが良く分かり節約にもつながります。

>>家計簿マネーフォワードMEの詳細はこちら
※App StoreもしくはGoogle Playからダウンロードできます。

5位:家計簿Dr.Wallet

第5位は、家計簿Dr.Wallet。

このアプリの特徴は、レシート読み取り機能が優れていることです。

読み取り機能はとても便利な反面、撮影状況により上手く読み取れず、入力ミスにつながってしまうというデメリットもあります。

得子
しかし、Dr.Walletはオペレーターが手入力してくれるため、読み取り精度は99.98%と正確なデータを記録することができます。

また、銀行口座やクレジットカードを登録すれば利用明細を自動取得することも可能です。

オペレーターによる手作業ゆえに、手書きの領収書や納品書が必要な際にも対応してくれることも、他にはない特徴と言えますね。

>>家計簿Dr.Walletの詳細はこちら
※App StoreもしくはGoogle Playからダウンロードできます。

家計簿アプリを選ぶ3つのポイント

さて、このように優秀な家計簿アプリがたくさんある中で、どのようなポイントに留意して選べばよいのでしょうか。

大切なことは、それぞれのアプリの特徴を知り、自分の目的に合うアプリを選ぶことです。

ここでは、家計簿アプリを選ぶポイントとして、分析機能、連携機能、シンプルさという3つの観点から解説していきます。

1.節約を目指すなら分析機能を重視

1つめのポイントは分析機能です。

得子
そもそも、家計簿を付ける目的の多くは、生活費の無駄を無くし節約すること。

それをサポートしてくれるのが分析機能です。

分析機能とは、家計簿の支出からグラフや表を作成し、一目で家計のバランスが分かるように示してくれる機能のことです。

棒グラフや円グラフなどで、項目ごとの支出や月ごとの変化のなどを確認できれば、何の支出が多いのか、節約できそうな点はないか、客観的に把握することができ、家計の改善につながります。

ランキングで紹介した5つのアプリは、どれも分析機能が充実しているので、節約したいという方にもおすすめです。

中でもZaimは、年収や家賃、家族構成などから家計のバランス診断をしてくれる機能があり、スマートな家計管理を目指す方には役立ちますね。

また、レシーピはよく利用するお店ごとの支出分析ができるという特徴があります。

あなたの生活スタイルに合わせて分析機能を活用し、家計の節約につなげていきましょう。

2.口座もまとめて管理したいなら連携機能の充実を

2つめのポイントは連携機能です。

最近は、現金よりもクレジットカードや電子マネーをよく使うというキャッシュレスな人も増えていますね。

そんな方には、連携機能が充実しているアプリがおすすめです。

得子
利用している銀行やクレジットカード、電子マネーやポイントカードなどを登録すれば、複数の口座の残高や入出金をアプリでまとめて見れるため、とっても便利。

アプリによっては、連携機能が有料だったり、対応している金融機関が限られていたりする場合がありますが、Zaimやマネーフォワードなら連携できる金融機関が多く、その機能が充実しているので安心です。

複数の口座を一括管理できるだけでなく、入出金や振込日、ポイントの有効期限などを通知してくれる機能もあり、混乱することなく複数の口座を使い分けることができます。

3.継続が苦手な人はシンプルなアプリがおすすめ

3つめのポイントはシンプルさです。

家計簿を付けたいけれど継続するのは苦手…、という方も多いですよね。

そんな方は、シンプルなアプリを選ぶことがおすすめです。

たくさん機能があると、返って分かりにくく面倒に感じてしまうこともあります。

得子
現金の収支記録だけにフォーカスすれば、おカネレコは操作方法がシンプルで分かりやすいためおすすめです。

また、レシーピやDr.Walletは、ほぼレシートを撮影するだけで良いので、面倒くさがりの私でも簡単に家計簿を付けることができています。

連携機能にこだわりがなく現金の管理がしたいという方は、読み取り機能を重視すると良いですね。

おカネレコとレシーピは会員登録も必要ないため、気軽にはじめたいという方はぜひこちらのアプリからはじめてみてはいかがでしょうか。

自分に合った家計簿アプリで家計管理をスムーズに!

以上、簡単に使える無料の家計簿アプリランキングと選ぶポイントについて解説しました。

  • おすすめの使いやすい家計簿アプリ第1位は家計簿Zaim
  • 家計簿を継続するコツは自分の目的に合うアプリを選ぶこと
  • 表やグラフなど分析機能があるが節約につながるのでおすすめ
  • 連携機能が充実しているアプリなら口座も一括管理できる
  • 継続が苦手な人は操作がシンプルなアプリからはじめよう

便利な機能を持つ魅力的な家計簿アプリがたくさんありますが、その中でも自分の目的やライフスタイルに合わせてアプリを選び、試してみてくださいね。

得子
今まで家計簿が続かなかった方も、アプリを上手に活用すれば、家計管理がスムーズになり、生活費の節約につながるはずです。

コメントはお気軽にどうぞ!